パチスロを副業にするために必要な2つ目の知識





↑スポンサードリンク↑

こんにちは、yukaです^ ^

さて、前回は

パチスロを副業にするために必要な1つ目の知識

2017.08.29

『パチスロを副業にするために必要な1つ目の知識』

と題して記事を書きました。

内容としては

1.なぜパチスロで勝てるのか

2.天井狙いとは

という簡単な説明をしてきました。

それだけでも勝てると言われれば勝てるものの、時給にしたら物凄く低いです。

なんなら時給800円でアルバイトをしたほうが確実にお金は入りますし、一定の報酬が得られます。

では、なぜそこまでパチスロにこだわるのか?

その理由は1つ。

アルバイトよりも簡単に時給が高く稼げるからです。

もちろん、誰しも必ずといっているわけではありません。

では、誰が稼げる人なのか?

それは

行動力のある人です。

この記事をきっかけに行動をする人こそが期待値の高い人生を送るはずです。

私は本気でそう思ってます。

休日は家でゴロゴロ寝ているだけの人と休日はスロットで期待値を求めて稼働している人だと年間で100万円以上の差が出ます。

慣れてくればスロットは携帯を持ちながら期待値を稼げるので更なる副業の勉強もできる可能性を秘めている副業こそ、パチスロなのです。

家でゴロゴロ過ごす人よりも

・年間で100万円+α

・10年間続ければ1000万円+α

どうですか?家でゴロゴロ寝て過ごしますか?

ゴロゴロしてたい人はどうぞ。

行動力のある人は次のステップへ進みましょう^ ^

 

期待値を稼ぐために効率化!

 

花の慶次の名言

『これより我ら、修羅に入る!!』

ということで、ここ先は修羅です。(そんなことはない)

まずは、更なるステップアップとしてこちら!

3.お店の癖を掴み、設定変更を利用しよう!

このタイトルで引っかかる点として

・『お店の癖』とは?

・『設定変更』とは?

という2つの点が引っかかると思います。

期待値については理解していただいたと思いますが、私たちが利益を得ようとしているお店(パチンコ屋さん)も利益を目的として営業しています。

それは会社ですから当たり前のことです。

しかし、それをわかっていない人があまりにも多すぎる。

私自身もそうですが、あまり高望みはしないこと。

これは非常に重要です。

勘の働く方であればお気づきでしょう。

 

先日、解説したゲーム数999G、天井の救済措置発動が1000Gの台が誰にも打たれず閉店になった場合のケースで考えてみましょう。

誰が打っても確実に勝てる台(利益を得られる台)をお店側が次の日も同じ条件で営業するでしょうか?

答えは当然ながらNO、いいえです。

では、どうお店側が対応するのか?という点ですが、ここで初めて『設定変更』という言葉が出てきます。

設定変更とは機種毎に違うものの、天井ゲーム数は基本的に0からスタートされる機種が多くなってきています。

しかしその場合、設定変更から最初の大当たりまで天井ゲーム数が1000Gではなく、600Gに短縮される。という設定変更の恩恵が発生する台もあります。

注意していただきたいのは、機種毎に違うという点です。

中には天井までのゲーム数は0からスタート。

恩恵はなく再び天井は1000G。という機種もあります。

そういった場合、お店側にとっては何もリスクはない上にプラス要素でしかありません。

ですので毎日設定変更する可能性が高いと判断できます。

しかしながら、皆さんもお仕事してるとき周りの人を見てみてください。

・『めんどくさいなあ』

・『あとでやっておきます』

・『あっ、忘れてた』

こんな人いませんか?(私です笑)

当てはまる人は多いと思います。

つまり、そういうことなんです!

いくら大きいお店でも設定変更するのは人間なのです。

人間がやっていることは間違いもあればイレギュラーもたくさんあります。

日常生活にしても職場にもミスというのは人間だから誰にでも起こりうる出来事なのです。

そういったお店側の癖(設定変更)というのを探りながら稼働するのとしないのとでは全く違います。

そういった癖を見抜きながら天井狙いをステップアップ(進化)させていくことに更なる期待値を生み出すことが重要です。

4.宵越し狙いを実践してみよう!

前述した、『設定変更』を利用した立ち回りが理解できれば新キーワード『宵越し狙い』は簡単に理解できるはずです。

なぜなら、設定変更をしない台(されていない台)を見つければいいことです。

今回例としてあげさせていただく機種は、現在(2017年8月30日)でもメイン機種として活躍している

『ミリオンゴッド神々の凱旋』

になります。

天井発動の条件、恩恵などはこちらから確認してください。

それでは、確認した上でデータをご覧ください。

 

 

前日の最終ゲーム数が710Gで閉店しています。

設定変更をすれば次の日、最大1000G+前兆(最大32G)を経由して救済措置が発動します。

設定変更をしていなければ、救済措置発動のゲーム数は1480Gのまま変わりませんので次の日

1480G-710G=770G+前兆(最大32G)に当たりを記録していれば救済措置発動による大当たりの可能性が非常に高くなります。

では、次の日のデータを見てみましょう。

当日786Gで当選しています。

これすなわち

設定変更をしていない可能性が非常に高くなります。

 

『たまたま当たっただけなんじゃないの?』

その可能性も否定できません。

しかし、当選したあとの履歴も見てください。

『ミリオンゴッド神々の凱旋』の救済措置の恩恵として

・50%で大当たりループ率1%

・50%で大当たりループ率80%

と、振り分けられます。

この救済措置の恩恵により後者の

・50%で大当たりループ率80%

を選択した可能性も非常に高くなります^ ^

 

このように設定変更をしていない台のことを通称:据え置きと呼びます。

逆に設定変更をしている台のことを通称:リセットと呼びます。

※地域により様々な呼び方があると思います。

 

更に、打ち始めて救済措置が発動する時間に注目して下さい。

午前11:01に786Gで救済措置による大当たりが開始になりましたが、約1時間で800G近く回しています。

これは朝の開店からすぐにこの台を打ち始めて高速で消化していることがわかります。

つまり、お店の癖、期待値の理論を理解している方が打っているはずです。

通称:天井狙いのライバルのことをエナバル(笑)と呼びます。

ここまでは簡単に推測できる要素です。

他にも使い方によってはお店の情報を集めることができます。

職場にいながらもお店の情報は集めることもできますし、そこまで難しいことでもないと思います。

次回はもっと詳しく掘り下げてお話しできたらと思います!

 


いいね!クリックお願いします。


にほんブログ村


下見いらずの最強時短ツールはサイトセブン!
⬇︎から登録可能です。

設定判別は定番のスロマガ!
⬇︎から登録可能です。
↓スポンサードリンク↓
↑スポンサードリンク↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です