HANABI【全⑤⑥】データ

前回の押忍!番長3の全⑥データに続きまして、今回は4号機からのお馴染みであるアクロスが発売している「HANABI」の【全⑤⑥】のデータの公開です。

私のような社会人のサラリーマンはアクロス系の台が好きな人は多いんじゃないでしょうか?

なぜならバジリスク絆や押忍!番長3などは設定6であれば機械割119%ですが、設定1を打ってしまった場合、機械割は100%を下回ります。

バジリスク絆

設定 ボーナス AT 機械割
1 1/139.4 1/441.3 97.30%
2 1/138.7 1/377.9 98.60%
3 1/137.9 1/403.4 102.00%
4 1/130.6 1/303.9 106.60%
5 1/130.1 1/343.1 112.10%
6 1/118.6 1/245.1 119.20%

引用:すろぱちくえすと

押忍!番長3

設定 ART 機械割
1 1/430 98.2%
2 1/414 99.4%
3 1/389 101.6%
4 1/336 106.7%
5 1/334 116.0%
6 1/242 119.3%

引用:すろぱちくえすと

この2機種というのは言わずもがな、現在(2017年6月)のメイン機種です。

メイン機種だけに設定が入る率が高いのは事実ですが、両機種の設定⑥の機械割119%を皆さんはどのようにお考えでしょうか。

パチスロの知識がある程度ある人ならわかると思いますが、この機械割の1%というのはとてつもなく大きいです。

バジリスク絆 設定6(機械割約119%)の場合

  • 1日およそ平均して約8000回転させる計算。
  • IN枚数 : 8000G×3枚=24.000枚
  • OUT枚数 : IN枚数×機械割=24,000枚×1.19=28,560枚
  • 差枚 : OUT枚数-IN枚数=28,560枚-24,000枚=4,560枚
  • 4,560枚・・・等価交換で91,200円ですね!

しかし、設定1を8000G回してしまったらどうでしょうか?


バジリスク絆 設定1(機械割約97%)の場合

  • 1日およそ平均して約8000回転させる計算。
  • IN枚数 : 8000G×3枚=24.000枚
  • OUT枚数 : IN枚数×機械割=24,000枚×0.97=23,280枚
  • 差枚 : OUT枚数-IN枚数=23,280枚-24,000枚=-720枚
  • -720枚・・・等価計算で-14,400円ですね!

しかし、アクロス系の台はビタ押し(2コマ)とボーナス察知が素早く(笑)できて、子役全て取得という条件付きではありますが、機械割が設定1でも100%を越えることがお店にとってもお客にとっても売りです。

 

以下、設定1でも100%以上の機械割を持つ台

B-MAX,HANABI,VERSUS,クランキーコレクション,クランキーセレブレーション等々

 

そりゃあそうですよ。条件を満たしていれば理論上負けないんだから。

そして4号機のときと変わらない面白さ。

しかし、理論上負けない、面白い、更に設定1でも機械割が100%を越える台(設定2ならもっと上の機械割になる)に設定6が入るなんていうのはひと昔前まで設定は皆無でした。(あくまで私の身近なお店です)

その時代をくつがえした機種がこのHANABIなんです。

HANABIの全5,6データ

 

 


いいね!クリックお願いします。


にほんブログ村


下見いらずの最強時短ツールはサイトセブン!
⬇︎から登録可能です。

設定判別は定番のスロマガ!
⬇︎から登録可能です。
↓スポンサードリンク↓
↑スポンサードリンク↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です