yukaの友人Kくんの話①

↓スポンサードリンク↓




↑スポンサードリンク↑

本日は稼働日記を少し休めて以前登場した私の友人であるKくんについてお話したいと思います。

名前:Kくん

年齢:yukaの1つ下の20代半ばから後半

職業:サラリーマン(芸能系)

趣味:パチスロ・パチンコ

好きな機種:メタルギアソリッド(ただ単にメタルギアが好きだから)

パチスロ武勇伝:5号機初代エウレカセブン、押忍!操、新鬼武者などなど、高設定台濃厚の台に数多く座る。

しかし、大負けも数多く経験。

緑ドンVIVA!情熱南米編の高設定台を数多くツモり、万枚を達成。

設定狙いの嗅覚に優れ、大学生の時には安定して月30万円は勝っていた。

好きな芸能人:宮崎あおい、永作博美、夏帆

きっかけ

Kくんと知り合ったのは大学の頃に一緒の授業を受けたことがきっかけです。

その頃、私と彼は同じようなサークル(正式には部活動)に入っていて、なんとなく顔の認識はあるかな、くらいの関係性でした。

授業で出された課題を忘れてた私は授業が終わった後のサークルの時間帯に、喫煙所に行き、タバコを吸っていました。

するとKくんが友人と入って来て私の方から課題の話をした記憶があります。

Kくんも課題を忘れていた様子でこれからサークルの人たちにおこずかいを渡してやってもらうと自慢げに話してきたのです。

恐らくタバコ2箱くらいの金額だと思いますが、私にとってはよくそんなお金があるなあと思っていました。

なんせ私は一人暮らしに切羽詰まってかつかつな生活をしていたので…今でも金銭面では羨ましいと思っています笑

この喫煙所で話したことをきっかけに、週に何度か話をし、授業内容のことでも聞いたり聞かれたりの関係をしているうちに彼がパチスロでお金を稼いでいることを知ったのです。

パチスロって3つボタンがあって止めるやつ。くらいの認識しかなかった私は真面目にラーメン屋でバイトをしていましたし、話を聞くだけでやりたいとか稼ぎたいとか全く思いませんでした。

何故って親が散々パチンコをしていて勝ってなかったので良い印象がなかったんです。

世間一般からしてみたら恐らく私が持つ印象が圧倒的に多いでしょう。

それから約6ヶ月という時間がたち、私と彼と友人と共通の先輩と遊びに行くことになったのです。それが私とパチスロの出会いでした。

パチスロとの出会い

先輩に半ば強引に連れていかれた場所は埼玉県内に数店舗あるパチンコ屋さんでした。

その店舗は低貸専門店で、5スロと1パチしかなく私と友人で5スロのハードボイルドを打った記憶があります。

このハードボイルドという台はA+ARTで構成される台で、個人的に思い出の台ということで結構打ったような気がします。

全く出玉はついてこなかったですが。笑

すぐにボーナスがあたり、ARTに当選しある程度メダルを獲得したところで帰りました。

浮いた金額は等価ではなかったので1500円くらいでしょうか。これがビギナーズラックだね!なんて話をしながら先輩の車に乗って家に帰りました。

今思えば「ああ、あんなときもあったなあ…。」なんて思いますが、この付き合いがなければKくんとも仲良くならなかったし、ここまで長くパチスロというものに付き合ってなかったでしょう。

 

長くなりますので続きは次回へ。


いいね!クリックお願いします。


にほんブログ村


下見いらずの最強時短ツールはサイトセブン!

↓スポンサードリンク↓
↑スポンサードリンク↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です